解体をご検討中の建物がある地域をお選びください。

※2020年11月時点で解体サポートが把握している各自治体の助成事業が表示されます。

解体助成金情報
ご案内サービス

全国の主な自治体の解体費用助成金情報をご案内するサービスを開始致しました。空き家が増え続けているという社会的問題の背景には、少子高齢化、人口減少、住宅需要の都市部への移動などがあるようですが、実際に老朽化した空き家の解体を検討する際には、解体費用の捻出や固定資産税の負担増など、空き家の所有者が様々な問題に直面することが挙げられます。

全国約800の自治体には、耐震化促進事業などの一環として、解体費用を賄うための助成金制度がありますが、この助成金制度がまだ一般的にはあまり知られていないようです。

そこで解体サポートでは、全国の主な自治体の解体費用助成金情報をご案内する支援サービスを開始しました。ご利用は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

各自治体ごとの
解体費用助成金について

全国の各自治体によっては老朽家屋等の解体(除却)費用が助成される場合があります。例えば東京都の場合、平成30年4月時点で27の自治体で助成制度が確認されています。解体費用の助成を受けられる条件は自治体によってまちまちですので、老朽家屋の解体をご検討されている方は、解体サポートにお問合せ頂くか、物件の所在する自治体のホームページを確認していただくなど、自治体へ直接お問合せ下さい。

※条件の例:昭和56年5月以前の建築物であること、事前の耐震診断で「倒壊の恐れあり」と診断されたもの、申請者に市税の滞納がないこと、解体(除却)工事着手前の申請であることなどの他、不燃特化地域や崖地などの立地条件や、物件の所在する自治体内の解体業者に工事依頼必須など様々です。

※自治体によっては家屋の解体助成がなくても、危険ブロック塀の撤去助成がある場合があります。