栃木県全体の空き家数は約16.1万戸ですが、そのうち3割近くにあたる約4.4万戸が宇都宮市にあります。
宇都宮市は県内で最も住居数が多いため、空き家が多いのも頷けますが、空き家率も全国平均を大きく超えています。
空き家率で見ると那須町が60%を超えており、大きな問題となっています。
空き家対策の取り組みとして、2023年は宇都宮市では最大70万円など、自治体によって解体費用の補助金制度を設けている自治体も少なくありません。

矢板市の費用実例

該当なし。周辺地域で検索ください。

矢板市の助成金について

事業・条例名

空家等解体費補助金

業者指定

あり(矢板市内の解体業者に限る)

補助内容

解体工事費の2分の1(上限)矢板駅西地区の用途地域内60万円その他地域50万円

お問い合わせ(矢板市)

矢板市都市整備課

〒329-2192栃木県矢板市本町5番4号代表

TEL:0287-43-6213

FAX:0287-43-9790

URL:https://www.city.yaita.tochigi.jp/soshiki/toshiseibi/akiya-kaitaihojo.html

※2021年7月現在の情報です。リンク切れや表示内容に誤りがございましたら、ご一報頂けると大変助かります。