福島県は2018年の総務省統計局の調査によると、約12.3万戸が空き家となっているようです。
空き家率は14.3%と全国平均を若干上回っている程度ですが、人口減少や高齢化に伴い近年は空き家数が大きく増えています。
今後も増加する見込みで、対策としては所有者から空き家を借り上げて移住希望者へ低価格で貸し出す等の取り組みを行っている自治体もあります。
福島県は浜通りの大部分を除く地域で毎年積雪があり、特に会津地方は積雪量が多く、家屋が倒壊する恐れもあるので、特に老朽空き家は注意が必要です。

田村市の費用実例

検索結果2