お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:30,127
(2004/9/1〜2017/9/30)
【 再生回数20万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 解体用語辞典 > アスベスト(石綿)

解体用語辞典:アスベスト(石綿)

アスベスト(石綿)

アスベストって何?

アスベストは天然の鉱物繊維で石綿(せきめん、いしわた)とも呼ばれていています。
耐熱性、保温性、絶縁性に優れていることから多くの建材製品、(特に昭和30年〜50年頃)に使用されてきましたが、2005年のクボタショック以降、人体への悪影響が明るみになり、社会的な問題として大きく取り上げられるようになりました。

アスベスト

鉄骨造建築物の柱や梁などに吹き付けられていることが多いため木造住宅に吹き付けされている例は少ないようです。
しかし木造でもスレートの屋根や外壁材のサイディング、水道管など目に見えない部分に含まれていることもあります。
解体するときは各自治体によって指導要綱に多少の違いはありますが、調査を行いアスベストの確認がされた場合は解体施行届出書の提出が必要です。

※クボタショック・・・兵庫県尼崎市にある大手機械メーカー・クボタの旧工場の周辺住民に多数のアスベスト患者が出ていると大手新聞社が報道。

人体への影響

アスベストの繊維はきわめて細かいため飛散しやすく、吸入されやすいといった特徴があります。アスベストそのものに害はないですが、吸入してしまうと肺の中に残り、肺がんや悪性中皮腫、アスベスト肺など様々な病気を引き起こす原因となります。

アスベストのレベル

発じん性の高さによってレベル1〜3に分類されます。発じん性とは粉じんの発生のしやすさのことで、飛散性と同義語です。

<レベル1>
発じん性:著しく高い
解体するときに繊維が飛び散るのでかなり危険。
石綿含有吹付け材(鉄骨耐火被覆、天井断熱材、機械室吸音材)
<レベル2>
発じん性:高い
密度が低く非常に軽いためいったん崩れるとかなり飛散する。
耐火被覆材(鉄骨造の梁や柱)、石綿含有保温材(配管、ボイラー)、断熱材(煙突)
<レベル3>
発じん性:比較的低い
密度が高く固いためレベル1、2に比べると飛散しにくい。
石綿含有成形版(外装材、屋根材など)

国土交通省が開示しているこちらも参考にしてみてください。
→「目で見るアスベスト建材」(国土交通省)

アスベスト除去工事費用

屋根瓦(スレート瓦など)や外壁材に使われている場合、m2あたりの除去費用は2,500円前後が相場となっています。
天井や柱に吹付けられていたり、内壁や配管に貼られている場合はm2あたり1万円〜数万円となり、建物全体では数百万円になることもあります。

アスベスト除去工事の依頼先

建物の解体に際してアスベスト除去工事を行うのであれば解体業者さんに一緒にお願いするのが良いかと思います。屋根瓦や外壁材に使われている場合は解体業者さんが自社で除去するケースが多いので、費用を抑えることができます。ただ天井や柱に使われていて除去費用だけでかなりの金額になってしまう時は分離発注を考えてみるのも手かもしれません。

アスベスト除去工事の依頼先 アスベスト除去工事の依頼先

ロックウールとアスベストの違い

アスベストと見た目が良く似ているものにロックウール(岩綿)がありますが、こちらは人造の鉱物繊維なのでアスベストと違い発がん性はありません。

見積もり依頼

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)