お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:30,127
(2004/9/1〜2017/9/30)
【 再生回数20万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 解体工事の都市伝説10

解体工事の都市伝説10

9. 見積もり比較 〜 断れない私

実際に解体工事の見積もりを取ろうとしたときに、
「いくつも見積もりを取るのは億劫だし、断るのも大変だし…。」
と、知り合いや不動産屋さん、住宅メーカーの紹介からしか見積もりを取らないのはあまりお勧めしません。
各々の「お勧めできない理由」を簡単にお伝えいたします。

見積もり比較 〜 断れない私

知り合いの紹介

断りづらい・言い値が通りやすい・何かあった場合にも言いにくい

不動産屋の紹介

経費を上乗せされる・解体の専門知識に乏しい

住宅メーカー経由

中間マージンが上乗せされる・高額になるケースが多い

今や見積もりを比較する「相見積もり」は常識となっていますし、解体業者さんもその点は良くご理解頂けますので、2〜3社の見積もりを比べてみる事をお勧め致します。

逆に、「7〜8社の見積もりを比べてみる」という方や「同時刻に何社も一緒に現場を見てもらう」という方も稀にいますが、コレはお勧めは出来ません。
多すぎる見積もりを取っている事が分かったり、数社も同時刻に現場を見てもらうというような方はいいお見積もりが期待できなくなってしまいます。解体業者さん達も人間です。

最後に、見積もり比較をする際は出来れば別々のルートから見積もりを取る事です。同じルートだと談合のような「価格操作」をされても気づく術がないからです。

※関連情報:実際の解体費用例

解体工事の都市伝説10 トップへ

見積もり依頼

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)