お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:30,517
(2004/9/1〜2017/10/31)
【 再生回数20万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 仮住まい探しもサポート!

仮住まい探しもサポート!

仮住まい探しもサポート!

学区内に仮住まいはある?3ヶ月間でも借りられる?家財道具、全部入る?

新築に建替える方やリノベーション、リフォームなどの改修工事をされる方の多くは、解体工事中、新築工事中の期間中の仮住まい、短期賃貸住宅を探す必要があるかと思います。しかし、その仮住まい探しには「短期入居不可」などの様々なハードルがあることが分かりました。
そこで、解体サポートではそのようなお悩みをお持ちの方々に対して、仮住まいをお探しするサポートもできるようになりました。(※東京・神奈川・千葉・埼玉限定)

解サポ 「仮住まいサポート」ご利用のメリット

仮住まいとは

仮住まいとは住宅の建替え中や建替え工事に伴う解体工事中、改修工事をする際の工事期間中一時的に住まう住宅のこと。
短期間の住まいとなることが一般的です。このように短期間入居を前提とした物件は数が少ないので、 仮住まいを探すタイミングは解体工事が始まる2ヶ月前には目途を付けておくことをお勧めします。

仮住まいのポイント

■ 近い

通学、通勤など生活環境が変わらない自宅の周辺が第一条件とされる方が多い。「駅近(エキチカ)」よりも「家近(イエチカ)」。

近い

■ 広い

短期間の仮住まいですので、築年数の新しさよりも物件の広さを優先される方が多い。荷物の運び入れ、運び出しのし易さもポイント。とはいえ、家財が入りきらない場合が多いため、思い切って処分するか、別にトランクルームなどを借りる必要が生じる。

広い

■ 住みやすい

短期間だからといっても近隣の住環境も大切。カーテンの確認も結構重要。一時的な仮住まいとはいっても、引っ越し後はご近隣へのご挨拶もしておくと良い。

住みやすい

仮住まいQ&A よくあるご質問

Q.数か月間という短期間だと不動産屋さんに断られる?

一般的に賃貸物件の契約期間は2年間が基本で、短期での解約には違約金の支払いが発生することもあります。
建替え工事は解体工事と新築工事合わせて4〜6か月位の期間が一般的です。
大家さんとしては長い期間住んでいただく方に貸したいと思うので、短期間で借りたいという方はその時点でお断りされてしまう事が多いようです。

Q.ウイークリーやマンスリーマンションってどうなの?

「短期間で貸してくれないならウイークリーマンションやマンスリーマンションに住めばいいのでは?」
と考えられる方もいらっしゃるかと思いますが、単身者向けのお部屋が多く、家具などを置くスペースが無い物件がほとんどです。また、家賃も賃貸物件よりも高額となるケースが多いようです。

仮住まいの流れ

仮住まいの流れ

新生活までの仮住まいスケジュール

新生活までの仮住まいスケジュール

見積もり依頼

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)