解体工事&建設リサイクル専門誌 「イー・コンテクチャー」に掲載

解体工事&建設リサイクルの専門誌「イー・コンテクチャー」に掲載されました。 2004年に日本初の解体業者ご紹介サービス「解体サポート」を創業した契機(※)から、お客様目線で充分なサービスを提供する為に、ご紹介をする解体業 […]

解体業者見極め術

ごつい男性のイメージを持たれがちな建設業界ですが、その中でも女性が活躍している場面は少なくありません。解体業界でも事務から営業、または現場で働く女性スタッフもいるのです。女性のスタッフが多くいる会社はいい業者という見極め […]

解体業者の選び方 賢い選択は?

見積もり金額が安かったのでお願いしたが、工事中に追加費用を請求され最終的には相見積もりを取った他の業者よりも高くなったというケースがあります。 解体業者選びの際に注意すべき点を挙げればキリがありませんが、実際に解体工事を […]

解体サポートのホームページ活用法について

昨今、解体工事について調べると様々な種類のホームページが出てきます。 多くは解体業者さんが運営する自社のホームぺージですが、必ずしもお施主さんが知りたい情報が載っているとは限りません。 【先読み!この記事の結論】 知りた […]

解体するなら“今”な3つの理由?

解体をご検討される方なら誰しも良心的な解体業者にお願いしたいものです。 かつ費用もできるだけ抑えられる工事依頼のタイミングを3つご紹介いたします。 【先読み!この記事の結論】 繁忙期は避ける 解体工事の閑散期を利用する。 […]

意外と多い!アスベスト含有 戸建て住宅の解体

アスベストが使用されているのはビルや工場など、大きな建造物だけではありません。一般の戸建て住宅でも、アスベスト含有建材が使用されている場合があります。 「ウチは使われていない」と思っていても解体業者が現地調査をしてみると […]

スレートが使用されていると解体費用は高くなる?

2006年以降、アスベスト(関連リンク:アスベスト(石綿))の使用が禁止され、住宅建材に使用されることはなくなりました。 しかし、現在解体されるほとんどの建物がそれ以前に建てられたものです。 一般住宅にも屋根や外壁などの […]

スケルトン?原状復帰?内装解体で注意すべきこと

飲食店や事務所など、ビルやマンション、商業施設の一部を賃貸借契約によって借りていた場合、物件を返却する際に内装解体をしなければなりません。 内装解体において「スケルトン」や「原状復帰」、「原状回復」といった言葉を耳にした […]

アパートの解体費用の相場は?取壊しの手順も解説

空き家問題は戸建て住宅だけでなく、アパートなどの共同住宅も深刻化しています。 現在、全国の空き家総数はおよそ846万戸ですが、そのうち475万戸と半数以上が共同住宅です。なかでも全戸空室となっている木造や鉄骨造のアパート […]

アスベスト(石綿)のレベルとは?含有建材の主な種類や使用箇所

アスベストは発じんの度合いによってレベルが3つに区分されています。 吸い込むと細い繊維が肺に刺さり、中皮腫や肺がんなどを引き起こす恐れがあるアスベストは鉄筋コンクリート造や鉄骨造などの比較的大きな建物だけではなく、一般的 […]

アスベスト規制強化 住宅解体への影響は?

建築物等の解体等工事における石綿(アスベスト)の排出等の抑制を図る目的で令和2年6月5日、「大気汚染防止法の一部を改正する法律」が公布、令和3年4月1日に施行されました。 これまで一般的な戸建て住宅で使用されていたアスベ […]

最新版! 空き家の活用方法について

「空き家」を持つということについて意識するようになった方は多いのではないでしょうか。ご両親から実家を相続したり、自分自身が賃貸物件への住み替えによって戸建ての自宅が不要となるなど人によって理由は様々でしょう。 そうした空 […]

解体費用が安くなる時期ってあるの!?

解体サポートは全国から日々たくさんのお問い合わせをいただいておりますが、なかには以下のようなお問い合わせをいただくことがあります。 「解体業者を探すのに安い時期はあるのですか?」 「季節によって解体費用は変わるのですか? […]

知っておきたい 相続登記義務化について

日本全国の空き家総数は約846万戸あり、その空き家は社会的な問題になっています。 空き家は全国的に大きな行政課題とされていますが、空き家を放置してしまうのはその所有者が特定出来ないことも理由の一つとされています。 所有者 […]

テレビ朝日系列「ビートたけしのTVタックル」に出演しました。

テレビ朝日系列「ビートたけしのTVタックル」に当解体サポート代表の杉山勝がスタジオ出演しました。都会に空き家が急増している問題に関する特集でしたが、空き家は全国的な社会問題となっています。今後も解体工事についてお困りの方 […]