山留め(やまどめ)土留め(どどめ)

山留め(やまどめ)などとも呼ばれ、土地に道路面との高低差がある場合、高低差が高くなればなるほど土が低い側に崩れる可能性が高くなります。この流れ出る土を支えるために壁のようにした構造物を土留めといいます。
杭(柱)を打って、その間に板(矢板/やいた)を渡して施工してあったり、コンクリート製の擁壁や数段のブロック塀、石などが土留めの役割をしている事も多く、安易に解体撤去してそのままにするのは危険を及ぼす可能性もありもあすので、注意が必要です。