解体工事が終わってから追加料金がかかる事はありますか?

場合によっては追加料金がかかる事がありますが、解体サポートがご紹介させていただく解体業者さんは原則として見積もり(契約)金額だけで全て綺麗な更地となります。

「原則」というのには理由があり、一般的な解体業者さんの見積書には「見積もり除外項目(別途項目)」というものがあります。

見積もり除外項目とは何かというと、建物を解体した後に地中から解体した際に、地中から浄化槽古井戸、また以前の悪質業者が埋めて残した廃材などの地中障害物が出てきた場合、その撤去費用は別途清算とされることがあります。

先にふれたように見積書には通常、「地中障害物処理費用は別途請求致します」と書かれていますが、こればかりは建物を解体し、地中を掘ってみないと分からないものなので、万一地中から何かが出てきてしまった場合に別途ご相談となります。

また、見積作成時点にはなかった処分品が増えていた場合やアスベストを含む建材が予期せぬところに使われているような場合も別途追加される場合があります。見積書が提出された際に確認しておきましょう。

【解体業界ウラ話】

解体工事終了後の追加料金には注意が必要です。
その追加料金を割高に出す解体業者がいたり、お施主様に追加請求対象のモノ(地中障害物や二重基礎など)の事実確認をしないまま勝手に撤去しておいて「出てきたから○○万円支払ってください」というような悪質な事例も多くみられるようですので、お気を付けください。いわゆる「不当な追加請求」です。

解体サポートがご紹介する解体業者さんの場合、もし追加請求が発生してしまう時は、必ずその事実の確認をしていただき、ご了承いただいてから撤去するという、言わば「当たり前の事を当たり前にできる解体業者さん」だけですのでご安心ください。

関連 Q&A