お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:41,457
(2004/9/1〜2019/10/31)
【 再生回数50万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > ウッドデッキの解体!劣化のサインと業者に依頼する時のポイント

ウッドデッキの解体!劣化のサインと業者に依頼する時のポイント

ウッドデッキの解体!劣化のサインと業者に依頼する時のポイント

庭やベランダなど、基本的に屋外に設置されるウッドデッキ。

真夏の炎天下や梅雨の長雨などに何年も晒され続けることで、(特に天然の木材で作られたものは)どんなにマメに手入れをしても10年〜15年もすれば外見・内部ともに劣化を免れられないと言われています。

腐食が一定以上進むと、補修や補強だけでは間に合わず、全撤去もしくは作り直す必要が生じます。そうなると、古いウッドデッキの「解体」をしなければなりません。

そんなウッドデッキの解体・撤去について、劣化のサインから業者への依頼の仕方、費用相場などをお伝えしていきます。

ウッドデッキの素材

まずはウッドデッキの素材を簡単にご紹介します。主に下記のような種類の素材が用いられています。

天然木

文字通り自然の中で育った木を伐採・加工して作られた天然の木材で、屋外向けの「ハードウッド」、屋内向けの「ソフトウッド」の2種類に分けられます。(天然木材に防腐防蟻薬剤が注入されたものも存在します。)

ハードウッドはやや高価な分 非常に硬質で耐用年数が長く手入れも簡単、ソフトウッドは安価・軽量で加工が容易ですが数年ごとにメンテナンスが必要、という特徴があります。

デメリットとしては天然素材ゆえに腐食しやすく、乾燥によるヒビ割れやささくれが発生しやすいほか、特にソフトウッドではシロアリの被害に遭いやすいという点が挙げられます。

人工木材に比べ見た目や質感が良いため、デメリットを加味しても天然木を選ぶ、という方も少なくないようです。

解体時にばらした木材はチップとして再生処理が可能で、人工木材に比べ処分費用が抑えられることが多いでしょう。

人工木材・合成木材、樹脂木

プラスチック類と木粉(おがくず)などを1:1前後の割合で混ぜ、人工的に作られた木材です。

100%プラスチックではないため絶対に腐らないというわけではありませんが、天然木材よりも圧倒的に腐食に強く、シロアリも寄り付きにくい素材です。

また天然木が長い間外気に晒されると高確率で発生する「ヒビ割れ」が起こらず、色褪せの心配もほとんどありません。

ただし、熱による膨張・表面の高温化や冬場の静電気が発生しやすいというデメリットもあります。中空タイプの人工木材の場合は、強い衝撃により穴が開くこともあります。

解体後は全て産業廃棄物となり、再生可能な天然木材に比べ処分費が高くなる傾向にあります。

ウッドデッキ解体のタイミング (劣化・老朽化のサイン)

「老朽化」と言っても、想像する程度は人それぞれ。実際のところ、どのようなタイミングで解体に踏み切るべきなのでしょうか。

シロアリによる食害…蟻道や蟻土、空洞音

天然木を使ったウッドデッキの場合、設置したその日から「シロアリの侵入」を警戒しなければなりません。(人工木材でも一部は木で出来ているため、稀にシロアリが付くことがあります。)

ウッドデッキに使用される木材、特にスギやヒノキなどのソフトウッドは加工しやすいだけあって、柔らかく湿気も抱え込みやすい特徴があるため、シロアリにとっては絶好の環境となります。

ハードウッドや防腐防蟻加工の施された木材でない限り、定期的なメンテナンス(防虫剤の塗布など)を怠ったり、周辺に「シロアリを寄せ付けやすいもの(使わない木材や段ボール・切り株など)」を放置していると、あっという間に彼らの侵入を許してしまいます。

シロアリはじめじめとした陰の部分に塊となって暮らすため、その姿を“直接”目にする機会はほとんどありません。しかし、木材の不自然な劣化(明らかに風化とは異なる傷み方をしている)や、デッキの裏側・基礎部分に「蟻道(シロアリの侵入経路)」「蟻土(不自然に盛り上がった木粉や土砂)」が見られる場合、残念ながらすでに住み着いていると考えて間違いないでしょう。また、中空タイプの木材ではないのにハンマーなどで叩くと軽い空洞音がする、といった点もシロアリ有無の判断基準となります。

こうした被害を確認せずに放置していると、後にウッドデッキ自体が崩壊する危険性があるだけでなく、木造住宅の場合は周辺の建物へも被害が広がる可能性が非常に高くなります。

シロアリ被害を水際で食い止めるためにも、「もしかして…」と思ったら躊躇せずに撤去を検討するようにしましょう。

塗装の剥離、木材の変形…軋みや歪み、ヒビ割れ

こちらも主に天然木、特にソフトウッドに見られる現象ですが、木材は塗装の剥離を放置しておくと、容易に弱ってしまいます。

塗装の剥がれた部分から雨水が染み込み、その水分によって膨張した木材はやがて晴天時に乾燥・収縮しますが、これを何度も繰り返すことでだんだんとヒビ割れや変形が生じていくのです。

※乾燥の過程を経ない(梅雨などで水分が染み込んだ状態が長く続く)と、今度はそのまま腐食が進行し木材が脆くなっていきます。

さらに、天然木には一つ一つ形状の「クセ」があるため、大量に並んだ木材がそれぞれのクセに従って反ったり盛り上がったりすることで少しずつ歪みが大きくなり、やがてウッドデッキ全体にの耐久性に影響を及ぼすようになってしまいます。

判断基準としては、ぱっと見にも凸凹が目立ってきている、上を歩くと大きな軋み音がする、体重を乗せるのに不安な箇所がある、といった場合は要注意です。

早期に塗り直しや補修を行うことで崩壊や全取替を回避できることもありますが、進行程度によっては解体せざるを得ないケースも少なくありません。

こうした「劣化サイン」は最も劣化状況が分かりやすいソフトウッドに偏りがちですが、ハードウッドや人工木材でも、これらの現象が100%起こらないわけではありません。上記以外にも、ぐらつきやがたつきを感じる・いつもと何かが違う、など少しでも不安を覚えたら、少し時間を作って原因を調べるところから始めてみてください。

ウッドデッキの解体はどこに依頼するべき?

「解体工事」と言えば解体業者…ですが、街の工務店や便利屋さんなどに相談しても依頼を受けてくれることがあります。

どこに依頼するとしても、対応の誠実さ・見積もりの明確さ・ウッドデッキ解体の経験(熟練度)を見ておくに越したことはありませんが、何よりも“費用に直接影響するポイント”は、解体時に排出される廃棄物を運ぶための許可=「産業廃棄物収集運搬業の許可」を持っているかどうか、に尽きます。

排出された廃棄物は当然、そのまま一般の家庭ゴミとして捨てることはできません。事業者が排出したゴミ=産業廃棄物として、法律に従って適切に運搬・処理する必要があります。

これらの許可や処分場を持っていない業者の場合、許可を受けている他の業者に処理を依頼する・処分場に廃棄物を持ち込む、などの対策が必要となりますが、そこで業者間の手数料(中間マージン)が発生していることは想像に難くないと思います。

そこで、「産業廃棄物収集運搬業の許可」を受けている(+処分場を自社所有している)業者にウッドデッキの解体を直接依頼することで、それらマージンの上乗せを避けることができるのです。

なお、工務店や便利屋さんはその分野の専門家ではないため、収集運搬の許可を受けている業者はそう多くありません。その点、解体業者の場合は業務内容の性質上、高確率で許可を受けているため、費用に関しては前者に比べて期待できると考えて良いでしょう。

ウッドデッキの解体費用

ウッドデッキの解体工事は、住宅の解体工事と同様に、その規模や設置環境・周辺環境(道路幅)、基礎の構造(土間コンクリート、束石など)などによってかかる費用が変わってきます。

また、搬出経路が長いほど作業に時間がかかるため、たとえばマンションの上層階のベランダに設置されたウッドデッキの場合、そのものの面積は小さくても費用が割高になってしまう可能性があります。

そのため、どうしても「これ」といった相場を提示することは困難ではありますが、一般的な規模のウッドデッキであれば「5万円から15万円程度」という金額が一つの目安となるでしょう。

依頼する業者によって振れ幅があるにしても、基本料金はこの金額に収まる場合が多いようです。

主な見積もり項目

ウッドデッキの解体費用の見積もり時に用いられる項目は、出張料金・作業料金(人件費)・廃材処分料金といった基本料金に加え、かかる場合は追加料金が付加されるパターンが多いようです。

・出張料金
 →解体対象の規模に関わらず、一律5千円〜1万円程度に収まることが一般的です。出張費無料を謳う業者の場合は発生しない費用ですが、他の項目に吸収されていることがほとんどでしょう。

・作業料金
 →何を基準に計算するのか業者によってまちまちです。主に「解体面積(u)ベース」「作業人数(人件費)ベース」「作業時間ベース」のいずれかであることが多く、それぞれの数量を業者規定の単価と掛けて算出されます。(人件費ベースでの計算ではない場合、人件費は別途算出されることがあります。)

・廃材処分料金
 →ウッドデッキの材質や処分方法などによって、2〜3万円から10万円程度と振れ幅が大きくなっています。

・追加料金
 →ウッドデッキ以外に撤去が必要なものがある場合(ラティスなど)や、解体対象が2階以上の場所にありクレーンの出動や高所作業を伴う場合、廃材運搬用の車両を現場至近に停めることができない場合などは、上記の基本料金に加え、それぞれの作業内容に応じた追加料金がかかってきます。

まとめ

使われなくなってから何年も手入れせずに放置していた、ということが起こりがちなウッドデッキ。

天然木材で作られたものであれば、ご自身だけでもバールやノコギリなどを使って地道に解体していくことは可能です。

ウッドデッキの規模によっては、DIYで解体してしまった方がコストパフォーマンスが優れているケースも少なくありませんが、初めての作業となるとそれなりの時間がかかる上、危険(手指の損傷、腰痛、夏場は熱中症など)も伴いますので、少しでも不安がある場合は思い切ってプロに任せてしまいましょう。

解体サポートでは、一般の住宅はもちろん、ウッドデッキも大小問わずスピーディに解体してくれる解体業者さんをご紹介可能です。

お見積もりだけでも結構ですので、ウッドデッキの解体についてお悩みの方は是非一度ご相談ください。

見積もり依頼

解体サポートへのお問合わせ

無料 解体業者ご紹介ご相談フォーム
無料 かんたん資料請求

解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)