金額だけの比較は危険です

見積もり金額の安さだけを売りにしている解体業者や一括見積もりサイトが存在しています。

近年さまざまなトラブルが起きているようですが、頻繁に寄せられる事例としては、不当な追加請求です。 必ずしもすべての追加請求が不当とは限りませんが、追加請求の大半は地中障害物によるものが多いようです。 通常は地中障害物の存在が判明した時点で業者から施主様に報告し、追加費用に双方合意のうえで撤去処分に入ります。 トラブルになるのは解体業者が「勝手に撤去してしまいました」と事後報告で追加費用を請求するケースです。見積もり金額は極端に安くしておいて、追加請求で穴埋めをするような方法が問題なのです。

金額だけの比較は危険です


あと、激安の解体工事には近隣トラブルもつきものです。解体工事を安く請け負うには工期を極端に短縮させなければ赤字になってしまいます。 そのためには雑で荒っぽい作業にならざるを得なくなり、騒音やホコリなどの影響も甚大で、ご近隣とのトラブルになるケースが多いようです。

中には解体工事のあとに廃材を地中に埋めてしまったり、産業廃棄物を山中などに不法投棄するなどしっかりと処理をしない解体業者も実在しています。建設リサイクル法に定められた分別解体の義務を怠ったり、無許可の解体業者による不法投棄はいまだ後を絶っていないのが実情です。 マニフェストの提出確認はもちろん、そのほか細かな点についても解体業者の選定には注意が必要です。

見積もり金額の安さだけを売りにしている解体業者や一括見積もりサイトが存在しています。

近年さまざまなトラブルが起きているようですが、頻繁に寄せられる事例としては、不当な追加請求です。 必ずしもすべての追加請求が不当とは限りませんが、追加請求の大半は地中障害物によるものが多いようです。 通常は地中障害物の存在が判明した時点で業者から施主様に報告し、追加費用に双方合意のうえで撤去処分に入ります。 トラブルになるのは解体業者が「勝手に撤去してしまいました」と事後報告で追加費用を請求するケースです。見積もり金額は極端に安くしておいて、追加請求で穴埋めをするような方法が問題なのです。

見積もり金額の安さだけを売りにしている解体業者や一括見積もりサイトが存在しています。

近年さまざまなトラブルが起きているようですが、頻繁に寄せられる事例としては、不当な追加請求です。 必ずしもすべての追加請求が不当とは限りませんが、追加請求の大半は地中障害物によるものが多いようです。 通常は地中障害物の存在が判明した時点で業者から施主様に報告し、追加費用に双方合意のうえで撤去処分に入ります。 トラブルになるのは解体業者が「勝手に撤去してしまいました」と事後報告で追加費用を請求するケースです。見積もり金額は極端に安くしておいて、追加請求で穴埋めをするような方法が問題なのです。

あと、激安の解体工事には近隣トラブルもつきものです。解体工事を安く請け負うには工期を極端に短縮させなければ赤字になってしまいます。 そのためには雑で荒っぽい作業にならざるを得なくなり、騒音やホコリなどの影響も甚大で、ご近隣とのトラブルになるケースが多いようです。

中には解体工事のあとに廃材を地中に埋めてしまったり、産業廃棄物を山中などに不法投棄するなどしっかりと処理をしない解体業者も実在しています。建設リサイクル法に定められた分別解体の義務を怠ったり、無許可の解体業者による不法投棄はいまだ後を絶っていないのが実情です。 マニフェストの提出確認はもちろん、そのほか細かな点についても解体業者の選定には注意が必要です。

●この記事を読んだあなたにおすすめ

解体工事の都市伝説10「空き家を持っていると損をする?」
類似サイトにご注意を
ネットの見積りは参考程度に