犬走り

建物の周りをコンクリートや砂利で施工された部分の事。
犬が走れるくらいの幅(40~60cm程度)から転じて「犬走り」と言われ、建物を雨の跳ね返りなどの汚れを防ぐ役割があります。