お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:36,735
(2004/9/1〜2018/11/30)
【 再生回数40万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 店舗や事務所の内装解体 失敗しない必勝法

店舗や事務所の内装解体 失敗しない必勝法

店舗や事務所の内装解体 失敗しない必勝法

移転・閉店・リニューアルなど理由は様々ですが、店舗や事務所を持つ限り、経営者の方や総務担当者の方が解体業者の手配に直面する機会は少なくないと思います。ビルを管理している不動産屋さんから見積もりが出される事も多いでしょうが、不動産屋さんの中間マージンが上乗せされるケースが多いので、どうしても解体費用は高くなってしまいがちです。
今回は法人・事業主として店舗や事務所を解体する必要に迫られた際にご自身での解体業者選びをする際の気を付けるべきポイントをお伝えしていきます。

店舗の移転・閉店が決まったら

まず、店舗や事務所の解体を行う際の種類としては

・テナントビルに入居するテナント店舗の内装解体(スケルトン工事)
・建物丸ごと一つの店舗となっている独立店舗の全部解体
大型施設内の一部(または全体)解体

が挙げられます。
いずれの場合でも、店舗であれば一般的な家屋よりも壁や細かい造作物が多くなりがちで、特にテナントの場合は解体範囲外(オーナー所有の配管や配線等)のものまで損壊・紛失してしまうと、補修のために本来不要なはずの費用や時間がかかる羽目になります。

最悪の場合、裁判沙汰にもなりかねないので、店舗・事務所の解体はより一層慎重に行うべきだと言えます。

トラブルに要注意!

先ほども述べましたが、店舗や事務所は通常の木造住宅(一般家屋)よりも内装設備が複雑な場合が多いので、現場確認をせずに出される「概算見積もり」に関しても実際の金額と大きなズレが生じやすいです。

現地調査をせずに概算の金額のみを信じて解体工事の契約に踏み切るケースは少ないとは思いますが、やはり現地調査の際には必ず解体業者と一緒に目視をしながら確認し、実際の請求額についてしっかりと確認しておけるようにしましょう。

ただし原状回復が必要な内装解体の場合には、上記のようにしっかり目視確認したとしても「一見しただけでは分からないこと」が多く存在します。たとえば、「実は床下や天井に隠れた配線・配管があった」「新しく付けられた壁が建物の躯体に組み込まれてしまっていて解体が難しい」など、実際に壊し始めてから判明することがどうしても出てきます。

このような場合は追加工事を余儀なくされますので、見積もり書との金額差を極力少なくするためにも、やはり見積もりを依頼する時点で建物の図面や改装時の現場写真などを手元に用意しておくことが大切です。

建物のルールを把握しておく

店舗に限ったことではありませんが、解体工事中は騒音や振動・粉塵などが発生します。隣接する店舗や住民の方への配慮について、解体工事前に不動産会社やテナントのオーナーと綿密な打ち合わせを行うことも重要です。テナントビルに入っている店舗を解体する場合は、エレベーターを使用可能な時間や建物全体のセキュリティロック状況の確認も欠かせません。建物によっては、工事をして良い時間帯について制限がある場合もありますので要注意です。

また、作業日ごとに管理事務所に対し作業届などを提出しなければならない決まりがあるケースもあるなど制限は様々ですので、やはり店舗解体の経験に長け、配慮のできる解体業者であるかどうかを見極めることも必要です。

ギリギリまで営業をしていたいのですが…

お店を経営していると、できることなら閉店する直前まで営業をしていたいというケースも少なくないのではないでしょうか。しかし契約している限りは必ず「明け渡し日」が設定されています。あまりに直前まで営業していると余裕のない工事スケジュールになってしまい、意思疎通ミスやトラブルの原因ともなり得ます。

こういった「ギリギリの状況」に加え、さらに予期せぬ事態が起こった場合は返却期限に間に合わず、延滞料を払わざるを得なくなってしまう可能性もあります。

ですので、解体工事は期日内にしっかり終えられる余裕をもって手配するのが得策と言えます。

また、見積もり依頼をする日程に関しても余裕を見ていただくことをお勧めします。

というのも、「見積もりも工事も急いでいます」という場合、価格面、工事面で評判の良い解体業者からの見積もりは取りづらくなります。評判の良い解体業者は直近のスケジュールが埋まっている事が非常に多いので。

まとめ

自らが建物のオーナーも務めている場合や、テナントビルごと閉店するようなケースではさほど問題にはなりませんが、大抵の店舗や事務所はテナントのオーナーから建物の一部を借りているので、次のテナントのためにスケルトン工事もしくは原状回復工事を求められます。この「借りた時の状態に戻す」時にどうしてもトラブルになりやすいのです。

建物を「作る」のではなく「壊す」工事には、誰だって極力お金をかけたくないものですよね。

ですが、価格にこだわりすぎて最初の段階で解体業者選びに失敗し余分な出費を出してしまっては元も子もありません。

解体サポートでは、ご所有の店舗・事務所の解体はもちろん、内装解体(原状回復)やスケルトン工事の経験豊富な専門業者さんをご紹介可能です。

閉店に際しなるべく手間や時間をかけたくないという経営者様は多いと思います。

解体サポートは親身に、スピーディにご対応させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

見積もり依頼

解体サポートへのお問合わせ

無料 解体業者ご紹介ご相談フォーム
無料 かんたん資料請求

ページトップへ 解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)