お問合せの際に、下記ポイントをまとめていただくとスムーズです。- 解体をお考えの地域/物件の大きさ(延床面積)/立地条件/残置物

ご相談件数
累計:39,285
(2004/9/1〜2019/5/31)
【 再生回数50万回突破! 】

おすすめトピックス

解体サポートスタッフブログ

解体サポートfacebook

勉強会・情報交換会開催の様子

解体サポートをご利用中の方へ

HOME > 工場・プラントの解体工事について

工場・プラントの解体工事について

工場・プラントの解体工事について

一般的な木造住宅に比べ遥かに強度が高く、工事にも多くの時間を要する工場の解体。

大小問わず、そんな工場を解体・処分する為にはどれぐらいの期間・費用がかかり、どんな手順を踏んだらよいのでしょうか。

知っているようで知らない、「工場の解体工事が得意な業者の見つけ方」と合わせて解説していきます。

工場の解体工事にかかる費用は?

はじめに、工場解体の費用相場(一例)をご紹介します。

・10坪未満:4.5万〜5万円/坪
・10坪〜20坪:3万円/坪
・20〜40坪:2.5〜3万円/坪【★】
・50坪〜70坪:3.3万円〜5.5万円/坪
・70坪以上:2.3万円〜/坪

ご覧の通り、工場の解体工事では、広さのボリュームゾーンである「10〜40坪」程度の間に収まっていれば、ある程度は費用を抑えられることが分かります。さらに70坪以上の巨大な工場(プラント)ともなると、スケールメリットで平均的な広さの工場を解体する時よりも坪単価がぐっと下がる形に。

反対に「10坪未満」の小さな工場の坪単価を見てみると、規模が小さいほど解体の坪単価は上がり、割高になってしまうことも分かります。

もちろん、鉄骨造・コンクリート造といった建物の構造の種類や、アスベストの使用有無、廃材の量、周辺環境などの要素によっても金額は大きく変わってきますので、あくまで参考地として頭に入れておいてください。

工場解体の費用を抑えたい!

廃棄物が多くなりがちな工場の解体。解体費用は、この「処分費」が原因で大きく跳ね上がってしまう場合が多いです。

こちらについては“施主自身で処分できるものはあらかじめ処分しておく”を心がけることで、ある程度の費用を浮かせることができます。

また、依頼したい解体業者の繁忙期に希望の工事時期がぶつかってしまうと、解体費用の上昇は避けられません。

急を要する解体工事でない限りは、なるべく希望の工事開始時期まで余裕のある内に相談し、解体業者の手が空いている時期に工事に入ってもらうようにすれば金額を抑えられる可能性が上がります。

大規模な工場・プラント設備の解体には何が必要?

小規模な工場(こうば=「製品の製造を主とした工場)でも プラント設備(原料の加工を主とした大きな工場)でも、建設業許可【建築工事業orとび・土工工事業or解体工事業】を受けている業者であれば、工事の実施自体は可能です。

ただし、特に大規模な工場の解体工事では、必然的にプラント設備についての深い理解をもった業者へ依頼することになるでしょう。

後半で触れますが、「大型重機」を所有していること(プラント解体には特殊な大型の重機が必要です)や、プラント設備の個々に異なる複雑な構造に対する知識が必要となるためです。

図面等の資料から外観や内部の現地調査、その他のあらゆる要素から解体手順の最適解を導き出せる人間がいなければ、安全でスムーズな工事を期待することは難しくなります。

工場やプラント解体をお願いするべき解体業者

工場の解体工事が得意な解体業者とは、具体的にどのような要素を持っている解体業者なのでしょうか?

大きく2点に分けてご紹介いたします。

1.工場やプラントの構造、解体手順についてよく理解していること

工場に限ったことではありませんが、通常 解体業者が建物の解体工事を引き受けると、まずは図面など事前に入手できる資料を元に最も安全でスムーズな解体手順を考るところから始まります。 その際、対象の建物が建築からかなりの時間が経過している中古物件である場合などは、そういった資料が手に入らないケースも少なくありません。図面がなくても現地調査である程度の状況を外側から把握することは可能ですが、屋内の細かな部分や地中など、実際に工事が動き出してからでないと判明しない問題がどうしても出てきます。

そのような部分については、あらかじめ追加工事が発生することを予想した金額を含んだ見積もりをすることによってバランスを取るケースがほとんどですが、その「予想」に関しては、やはり経験を積んだプロであるほど得意になります。

工場解体の経験が少ないと、この予想の力が弱くなりやすく、保守的な見積もり金額になりがちです。また例え経験が豊富であっても、施主の解体知識や相場観が希薄であるのを良いことに、足元を見た金額を設定してくる業者も存在しないとは言い切れません。

ある程度の工場解体経験を持ち、過去の実績から不当に高額な見積もりを提示していない、優良な解体業者を選びましょう。

2.大型の重機を所有していること

どんな建物でも、工事費用をなるべく抑えるためにすることは、まず「工期を短縮できないか考える」ことです。
これは工場でも一般的な居住用の建物でも同様で、人工や重機の数が多ければ多いほど工期を短縮しやすくなります。

かといって人工を安易に増やしてしまうと人件費ばかり膨れ上がり、人員の統率にもその人数分の時間をかけなけれならないため、むしろ逆効果になることも。

効率的に作業をするためには、「少数精鋭の職人+目的に適した大きな重機(※)」の組み合わせが最良の選択なのです。

(※…ロングブーム車、3ピースアーム車等) 大型の重機を用いれば、一度の稼働でより多くの範囲を解体することができるため、全体的に見て効率の良い動きをすることが可能になります。

解体重機は非常に高額な車輌ですので、そう簡単に何台も買えるものではありません。小さな建物の解体をメインに行なっている業者の場合、滅多に出番のない重機に大枚をはたくよりも、小回りの効く重機をいくつも所有しているケースが多いものです。

大型重機を所有しているということは、工場のように大きな建造物の解体工事を多数こなしている=経験豊富であるということにも繋がり、工場の解体工事に際して柔軟な対応が期待できますので、この点で大きな判断材料になるでしょう。

他にも、アスベストなど有害な物質の知識に長けている・もしくは専門家とのパイプを持っているか、プラント設備について深く理解しているか、といったポイントも押さえられると安心です。

…とはいえ、一般の方が先にふれた要素をクリアした解体業者を独自に見つけ出すのは簡単なことではないかと思います。(初対面の業者さんに、いきなり「大きな重機を持ってますか?」などと聞くのも気が引けますよね。)

解体サポートでは、そのような方のために工事・プラント解体の実績をもつ信頼できる解体業者をご紹介することが可能です。

工場の解体工事を検討されていて、業者選びに困っている・アドバイスが欲しい、といった方からのご相談にもお答えしておりますので、一人で悩まずどうぞお気軽にご連絡ください。

見積もり依頼

解体サポートへのお問合わせ

無料 解体業者ご紹介ご相談フォーム
無料 かんたん資料請求

解体サポートホームへ

解体業者ご紹介 ご相談フォーム

かんたん資料請求(無料)