「元請け業者と下請け業者」


その他解体工事全般一覧へ戻る


元請け業者と下請け業者

2012年3月21日


「元請け業者さんは今日見に来ないからこのままでいいよ」? 




先日、新宿区の解体現場の確認に行ってきました。

大通りと、通行量の多い歩道に面している立地条件でしたので、建物の大半は人力での「手壊し」という工法による解体工事でした。

職人さん達の息の合った「バールさばき」とものすごい体力!

元請け業者と下請け業者





お話を聞くと

「けっして力持ち(怪力)という訳ではないんですよ。

 力の入れ具合のコツや経験があるので。」

と爽やかにお話されていたことが印象的でした。

また、解体工事を一日終えるごとに周辺の掃除を徹底されている事も当たり前のようですが、解体サポートの安心ポイントです。




この現場の帰り道に別の解体現場があったのですが、そこで耳を疑うようなやりとりが!


「今日は元請さんが見に来る日じゃないから、このままでいいよ。めんどくせぇから。」


との事…。


養生シートの裏側での会話だったので内容は分かりませんでしたが、なんて稚拙な会話でしょう。


小学校時代の自習の時間に「今日は先生がいないからサボろう!」という事と全く変わらない内容です。

下請け仕事しかできない解体業者なのでしょうが、いまだにこのような解体業者がいる事はとても残念に思いました。