「分離発注をするなら建てないよ!」

「分離発注をするなら建てないよ!」!?

2012年7月2日

 

大手ハウスメーカーさんの耳を疑うような言葉。

 

ある大手ハウスメーカーさんの耳を疑うような言葉。


ご相談当初の内容


「自宅の建替えをするんですが、新築のハウスメーカーさんの解体工事の見積もりが高いので、
どこか適正価格できちんと工事をしていただける解体業者さんを紹介していただけますか?」

とご相談がありました。

そして、その金額は木造の延べ床面積30坪で170万円位との事でした。

「分離発注をするなら建てないよ!」!?


立地条件が悪いわけでもなく、付帯工事があるようでもありませんでしたので、170万円とは非常に高額な見積もりと言わざるを得ません。

そして、解体サポートの基準を満たした解体業者さんをご紹介させて頂いたのですが、
ここでハウスメーカーさんの営業さんからこんなニュアンスのことを言われてしまったようです。

「うちの指定の解体業者で解体してくれないと、新築工事を請け負うことは出来ませんよ!」

耳を疑うような言葉ですが、事実です。

そしてご相談者様は、泣く泣く高額な見積もりで解体をしなければならないという結果になりそうです。


最近ではハウスメーカーさんが解体と建築の分離発注を嫌がるケースは非常に珍しいのですが、
この業者さん(営業さん?)は業績(全体の工事金額)を上げようと必死なんでしょう。
でも、お施主様の立場になったら、(適正な工事を前提に)解体費用は少しおでも抑えて、
そのぶん新築工事にお金をまわしたいと思うのが当然だと思うのですが・・。


※分離発注とは⇒解体サポートHP内『解体と建築の分離発注』