「残念なご相談」

残念なご相談

2008年11月22日

6坪の内装解体で見積もりは3ケタ万円!?

先日非常に残念、とういよりも憤りさえ感じるご相談をお受けいたしました。

東京都23区のとある区で内装解体をお考えとの事で、通常通りご相談内容をおうかがいし、その内容に一番最適な優良な内装専門の業者さんをご紹介する予定でした。オーナーさん指定の解体業者の見積もりがびっくりする位高いとの事で、ご自身で業者さんを探してみようとこちらにお問い合わせ頂きました。

残念なご相談
※写真はイメージです

ご相談受付けを終了してからすぐに再度そのご相談者様から連絡をいただきました。そのお話しの内容。

「今、オーナーさんとの契約内容を細かく確認していたら、オーナーさん指定の業者でしか工事をしてはいけないという内容が書いてあるんです。。開業当初は細かく見ていなく、過去すでにその内容で契約をしてしてしまっています」

その際に具体的なオーナーさん指定業者の金額をおうかがいしたのですが、こちらも驚くほど高額が費用でした。

おうかがいしていた工事予定内容は「スケルトン」で現状は特に造作を凝っていることもないのに6坪の内装解体で見積もりは3ケタ万円!(ここでは具体的金額は控えますが。。)もちろん現場を拝見していませんので断定は出来ませんが、、不当な請求の可能性は非常に強いです。

開業当初は「夢」や「不安」の中でなかなか細かな契約内容などは目がいかないことをいいことに、契約をさせて、(特に「指定業者」の件などは「大丈夫だろう」と思ってしまうでしょう。)退去するときはその契約を楯にとり不当と思われる金額を払わせるオーナー。(おそらくそのオーナーがマージンをたくさんとって)

なんとかお力にはなりたいと考えているのですが、書面で契約を取り交わしてしまっている以上、かなり不可能に近いでしょう。夢を持って出店したにもかかわらず、退去するときにはこんなことが。。「都会の非情」という言葉だけでは済まされないです。