建替えるのですが、解体と建築は分けて発注した方がいいですか?

解体工事を新築工事とは切り離して発注(分離発注)した方が解体費用の大幅なコストダウンに期待が出来ます。実際に解体工事をする解体業者と直接契約した方が安くなることは想像に難くないはずです。

解体と新築を分けて発注すると、実際に施工する解体業者から直接お見積もりが出るので、見積もり内容が項目別にしっかりと把握できる事や、話しの行き違いなどのトラブルが起きにくいです。(新築と一緒に解体工事を発注する場合「解体工事一式〇○○万円」というかなり不明瞭な見積もりになるケースが多いです。)

解体費用を安く抑えて新築費用に予算をかけたいと思われるなら解体と建築の分離発注を検討してみてはいかがでしょうか。

一方、解体から建築まで一貫して任せられるのは楽だし安心と考える方もいらっしゃるでしょう。ですので、金額の差などを考慮する意味も含め、まずは解体業者さんからの見積もりと比べてから、じっくりと検討されることをお勧めします。

※詳しくはこちらをご参照下さい⇒解体と建築の分離発注