問い合わせ(見積もり依頼)してからどれくらいの期間で工事に入れますか?

解体業者のスケジュール(混み具合)にもよりますので一概には言えませんが、 平均すると解体ご希望時期の2ヶ月~3ヶ月位前にお問い合わせを頂く方が多いようです。

ただ、

「火災に遭ってしまったのですぐにでも火事場の片付けをして欲しい」

「自分で探した解体業者が急きょ工事に入れなくなった」

「建替え予定だが、ハウスメーカーからの解体見積もりが高いので
 土壇場で解体サポートを見つけた。でも工期がギリギリで…。」

このようなケースもおありかと思いますので、お急ぎで解体工事をお考えの方はまずは解体サポートへご相談くださいませ。(フリーダイヤル0120-987-455)

また、延床面積が80㎡以上の建物の場合は解体工事を着工する7日前までに 分別解体等の届出書を提出する必要があります。⇒【建設リサイクル法
ご契約をしてから1週間経ってからでないと解体工事には入れないという事です。(この建設リサイクル法の届出は一般的には解体業者が代行していただけるので、ご自身でする必要はありません。)


建設リサイクル法の届出が必要な場合、解体工事をお願いしてもすぐに解体着工できるということはありませんので、ご注意ください。

【解体業界ウラ話】

実は解体業者が一番嬉しい見積もり条件とは

「いつでもいいから業者さんの空いているときに工事してください」

と言われることなんです。

なぜなら、解体業者は工事スケジュールが空いてしまうのが一番困る事だからです。
解体職人さんは「日給月給制」といって、お仕事がなく欠勤した場合は月給から引かれる給与体系が多いので、解体業者の社長さんは職人さん達の為にもお仕事が空いてしまう事を避けたいのです。(現場仕事が無くても、機械のメンテナンスなどのお仕事はあるようですが)

ですので、「いつもでいいので安くして欲しい…。」という条件を言って頂くと見積もり金額を下げて頂けることも期待できます。

※お急ぎでお考えの方でもお気軽にご相談ください。
 出来る限りスピーディーに対応出来る解体業者さんを至急ご紹介させていただきます。